SP-R、SP-RN、SP-RX、SP-RXC、SP-REX、SP-REXC型のヒステリシス(切断差)を変更しました。 | お知らせ | フローリレーのことなら株式会社アロマニッキ


先頭へ
  • 082-943-77758:30~17:30(土日祝定休)
  • お問合わせ

SP-R、SP-RN、SP-RX、SP-RXC、SP-REX、SP-REXC型のヒステリシス(切断差)を変更しました。

投稿日:2013年03月07日

SP-R、SP-RN、SP-RX、SP-RXC、SP-REX、SP-REXC型のヒステリシス(切断差)を変更しました。
※減動作設定の場合

 口径   ボディ
材質 
ヒステリシス(切断差) 
 変更前  変更後 
100Aまで FC200    復帰流量(増動作流量)
= 減動作流量 ÷(0.70~0.80)
  復帰流量(増動作流量)
= 減動作流量 ÷(0.65~0.80)

(例)設定値が100l/minのとき
復帰流量を125~153l/min
の間で設定できます。
 ステンレス   復帰流量(増動作流量)
= 減動作流量 ÷(0.65~0.75)  
 125A以上  FC200
ステンレス
  復帰流量(増動作流量)
= 減動作流量 ÷(0.65~0.75) 

※増動作設定の場合

 口径   ボディ
材質 
ヒステリシス(切断差) 
 変更前  変更後 
100Aまで FC200    復帰流量(減動作流量)
=増動作流量 ×(0.70~0.80)
  復帰流量(減動作流量)
= 増動作流量 ×(0.65~0.80)

(例)設定値が100l/minのとき
復帰流量を65~80l/min
の間で設定できます。
 ステンレス   復帰流量(減動作流量)
= 増動作流量 ×(0.65~0.75) 
 125A以上  FC200
ステンレス
  復帰流量(減動作流量)
= 増動作流量 ×(0.65~0.75) 
 

お知らせ一覧

2019年09月05日
NP-R型のケーブル取出口にコネクターを取付けました。

2019年08月19日
ひろしま企業健康宣言の認定企業になりました。

2019年06月05日
NP-RT型の端子台の仕様を変更しました。

2018年12月04日
ロゴマーク制定のお知らせ

2018年02月19日
製品一覧の仕様に、「端子ねじ推奨締付トルク」を追記しました。

2017年11月08日
よくある質問に、「フローリレーとは、どのようなものですか」を追加しました。

2017年10月11日
よくある質問に、「フローリレーの価格について」「旧『日機工業』社製のフローリレーについて」を追加しました。

2017年02月27日
創業20周年を迎え、広島商工会議所から表彰されました。

2013年03月07日
SP-R、SP-RN、SP-RX、SP-RXC、SP-REX、SP-REXC型のヒステリシス(切断差)を変更しました。

2012年08月28日
SP-RX、SP-RXC型の接点容量を変更しました。

2012年03月23日
SP-R、NP-R、NP-RT、LF-B1型の接点容量を変更しました。

ご相談・お申し込みはこちらまで

お問合せ